春のマスク荒れの原因と今すぐできるお肌を守る対処法

春のマスク荒れの原因と今すぐできるお肌を守る対処法

桜が咲きはじめましたね!
日に日に暖かさを感じて、春が一歩一歩近づいてきました。

今は花粉の影響などで、外出時はマスクをしていた方がいいかなとも思うのですが、気兼ねなくマスクが外せる状況になるのはまだまだ先になりそうですよね。
マスクが身体の一部となりつつもありますが、マスクをするようになってから肌荒れが気になる方が増えているのも事実です。

ただでさえ冬から春にかけてはお肌というのは乾燥しやすい状況なのに、マスクの影響でさらに肌荒れを起こしている方も多いのでは?!

・マスクの中では何が起こっているのか?

・なぜ春は肌が乾燥するのか?

まずは知ることからはじめましょう。

マスクの中で起こっていること

ムレ
マスクをしていると、蒸気が溜まりムレます。これって一見保湿されていてお肌にいいような気になりがちですが・・・これが乾燥の原因なんです。
1日マスクをしていても何度かマスクを外す瞬間がありますよね。
マスクを外すと中の蒸気が一気に蒸発をしてお肌の水分が外気に奪われてしまうんです。

あと、日焼け止めやファンデーションがムレることでよれてしまいお肌が荒れる原因になることもあります。
強すぎる日焼け止めや石油系のファンデーションはお肌の上で汗や皮脂と混ざり合い酸化してしまうんです。
お肌が酸化するとくすみの原因になるんです。

摩擦
マスクの摩擦でバリア機能が乱れてしまう。
お肌の表面はバリア機能と言って、肌の外側からの異物の混入や内側の水分を保持してくれる役割をしてくれています。
これの大切なバリア機能が、マスクの摩擦によって乱れてしまい、お肌の乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうんです。

毎日毎日、マスクの中ではこんなことが起こっています。
マスクの中はとっても過酷な状況なんですよね。

さらに春は風も強い日が多くて花粉やPM2.5さらに黄砂などあらゆるのもが顔に付着してお肌が敏感になりやすいんですよね。

ではこの状況の中でも肌荒れを改善するためにできることとは?

対処法

クレンジング
その日の汚れはしっかり落としましょう。
ただし、洗浄力が強すぎるクレンジングを使ったり、ゴシゴシお肌を擦ることはNGです。
お肌にやさしいけどしっかり落ちる、そして摩擦が少なくても落ちるクレンジング・洗顔を使いましょう。

ローションパック
週一回でも化粧水をひたひたにしたコットンで3〜5分ほどローションパックをしましょう。
化粧水をパッティングしたり、擦ることなく、置いておくだけでお肌に浸透するのでめんどくさがりの私でも続けることができています。
お肌がもっちりして毛穴もキュッと引き締まります。

日焼け止め
「最近メイクをしていなくて」そんな声も聞きますが、日焼け止めは必ずしましょう。
マスクをしていても紫外線は通してしまいます。紫外線は一年中降り注いでいますので、一年中日焼け止めをすることはオススメです。
紫外線は美肌にとっては大敵です。春先は夏と同じくらの紫外線量が降り注いでいますよ!

マスクを外すことはできなくても、肌荒れを改善することは可能です。
マスクに負けないお肌を育てましょう♡

春ってポカポカして無防備になりがちですが、今こそお肌を守ることを気に留めてみてくださいね。

error: Content is protected !!