マネてマイナス5歳肌〜正しいクレンジング&洗顔って何?〜

マネてマイナス5歳肌〜正しいクレンジング&洗顔って何?〜

「マネてマイナス5歳肌」とは?!

現役エステティシャンが今までの知識と実践してきたことを、「コレをマネすればマイナス5歳肌になれる」をできるだけカンタンにそして行動しやすいようお伝えしていきます。

スキンケアだけでなくボディやヘアはもちろん、生活習慣やマインドなど女性のキレイ(美)に関わることをおしゃべりするみたいに綴っていきます。

なるほど!いいな!と思ったらぜひマネて取り入れてみてくださいね♡

正しいクレンジング・洗顔方法

スキンケアの基本は落とす・与える・守る
その中でも落とすことは、一番重要です!1日の汚れをその日のうちにしっかり落とすことからスキンケアははじまります。
しっかり落とすと言っても落としすぎてもお肌によくないのも真実・・・

そこで、正しいクレンジング・洗顔とは?をお伝えしたいと思います。

まずはこの二つをチェック

①摩擦はしてない?
②落としすぎてない?

①摩擦はしていない?

知らず知らずのうちにお肌を摩擦していませんか?
ただでさえ、お顔のお肌は外気にさらされていています。
その上、クレンジングをする際にゴシゴシしてはさらにお肌が荒れてしまいます。
クレンジングはクレンジングの量は適量で、クルクルとゆっくり指を滑らせクレンジング剤をなじませるイメージでメイク汚れを落としていきます。
洗顔は、たっぷりの泡で指とお肌が触れないよう泡を乗せるだけでしっかり洗い流します。
タオルで拭き取るときもゴシゴシせずタオルでおさえるように水気をとります。

<ポイント>
赤ちゃんを触るときのように自分のお肌に触れていますか?
思っているよりもやさしく自分のお肌を扱うようにしてみてください。

②落としすぎてない?

メイク落としのクレンジング剤は何をお使いですか?
クレンジングシート・オイル・クリーム・ジェル・ミルクなどクレンジング剤はいろいろあります。
自分のお肌とメイクの濃さによりクレンジング剤を使い分けるのが良いと思います。
クレンジング剤の洗浄力は、メイクだけでなく、お肌を守るのに必要な皮脂膜まで取り去ってしまう可能性があるからです。
洗浄力が強ければ、お肌が乾燥してあらゆる肌トラブルが生まれることになります。
お肌を守ることを考えてクレンジング剤を選びましょう。

<ポイント>
クレンジング洗顔後、お肌がすぐにつっぱるようなら落としすぎです。
素肌がキレイであれば濃いメイクをする必要もなくなります。
濃いめのアイメイクはあらかじめコットンで拭き取るのがオススメです。

大人の肌トラブルはクレンジングや洗顔を変えるだけで改善できることもあるんですよ!

マイナス5歳肌はここからはじまります。

まずは意識してみることから♡

一緒にマイナス5歳肌になりましょう!

error: Content is protected !!