自宅でサロン開業のメニューはこうやって決めてみる

自宅でサロン開業のメニューはこうやって決めてみる

自宅サロンを開業すると決める時、まず考えなくてはいけないのが何をメニューにするかということです。

まず前提として、自宅サロンのメニューは変えて良い事を覚えておいてくださいね。

私は、アロマセラピストとして開業しましたが、現在はアロマトリートメントはメニューにありません。
でも仕事に取り入れていないだけで今でもアロマテラピーは大好きです。

ではなぜアロマトリートメントがメニューから外れてしまったのか・・・

仕事として続けるのは苦痛だった

アロマテラピーが大好きで、ボディトリートメントも大好きでした。
ただ当時の私は、お客様ゼロからのスタートで新規のお客様を次回へつなげることがアロマトリートメントでは難しかったんです。
お客様が定着してないのに使用するオイルや精油をこだわりコストばかりが膨らんでしまいました。
ここで疑問が生まれます。

このままでは趣味で終わってしまう。

私は、自宅サロンを開業したいと思ったときに、「OLくらいの収入が欲しい!」、実家の一室からマンションに移転して本業一本で食べていけるようにと夢を描き開業しました。

でもこのままアロマトリートメントだけしていてはその夢は叶わないと感じたんです。

そこで、アンチエイジング化粧品”MTメタトロン化粧品”を導入して結果の出るフェイシャルに力を注ぎました。

フェイシャルをすることで、お客様が定着し、さらに使用している化粧品の販売もプラスになりました。
同時にまつげエクステやまつげパーマのメニューも始めたことがきっかけとなり、ビジネスとしてサロンが軌道にのっていくことができました。

マンションの一室に移転をするときに、アロマトリートメントのメニューは廃止しました。
大好きなアロマトリートメントを手放せずに固執していたら今頃どうなっていたかわかりません・・・

自分がお金を出して毎月でも受けたいものをメニューにする

サロンを開業するということは、場所が自宅としてもそれはビジネスです。
お客様が求めるメニューを提供して対価としてお金を頂くことでビジネスは成立します。

お客様が何を求めているかわからなければ、「自分自身がお客様だったら?」とお客様の身になって考えると答えが出ます。

私は、メニューや価格、サロンの形態も自分がお客様だったらこんなメニューがいいな!価格がこれくらいだったら通いやすいな!こんなサロンに定期的に通いたいな!をベースに考えます。

これは14年目の今でも変わりません。

自分もハッピー!お客様もハッピー!になるメニューをぜひ作ってみてくださいね。

error: Content is protected !!