自宅でサロンをはじめようと決めた!さて、何のメニューを提供する?

自宅でサロンをはじめようと決めた!さて、何のメニューを提供する?

いざ自宅でサロンをはじめよう!と決めても…

”一体何からはじめればいいんだろう?”
ここでつまずく方もいるのではないでしょうか。

まずはこれを決めましょう!

”何のメニュー”を提供するか?です。

では私が「マンションの一室でひとりサロンをオープンしたいなー」と考えはじめた時、”何のメニュー”を提供するかをどうやって決めたのかをお伝えしますね。

その頃の私は美容とは全く関係のない業種の会社員でした。
>>会社員に違和感を感じていた時の記事はコチラ

私はネイルやまつげパーマ、フェイシャルやボディケアなど美容系のサロンに通うことが大好きでした。

技術を身に付けたら”手に職”になるな♡

手に職があれば、結婚したり子育てすることになっても自分のライフスタイルに合わせてお仕事ができるんじゃないかと…

私は、大手のサロンよりも家の近所にある個人のサロンへあえて通っていました。

今から15年ほど前は、今でこそ”起業女子”なんて言葉がありますが、女性が一人で仕事をするということって珍しいことでした。

でもいたんですよね♡

マンションの一室でアロマテラピーやネイルやエステをオープンしているステキな女性たちが!

のびのびと働く女性たちにいつしか憧れるようになっていたんです。

私は会社を辞めてサロンで働き、技術やサロンワークを学びました。
足りないと感じることはスクールにも通いました。

1年半ほどで”手に職”を得ることができました。

エステティシャンやアロマセラピストのお仕事には国家資格は必要ありません。

民間資格は取得しましたが、資格がなくても自宅サロンはオープンできます。
ちなみにまつげパーマやまつげエクステの開業は美容師国家資格・美容所登録が必要になります。

サロンで働きながら”手に職”を得た私は自宅の一室にサロンドフミコをオープンさせることができました。

”手に職”をつけるって”何もない自分”と当時思っていた私にとって、とても大きなことでした。

これからは私一人でもベッド1台さえあれば、お客様に施術をしてお金をいただくことができる!

大きな自信につながりました。

働きながらでも十分技術やスキルは身につきます。

資格よりもリアルなお客様とのコミュニケーションの方が自信になるなって思います。

今はネットの発達もあって、個人でお仕事がカンタンにできる良い時代です。

私は、美容に興味があって手に職をつけたいなと思い、お客様とのコミュニケーションも楽しかったので美容系のメニューをお客様に提供しようと考えました。

あなたがもし自宅でサロンをはじめたいなと思っているなら、どんなメニューをお客様に提供したいなって思いますか?

たくさんのお客様が求めているもの、喜んでもらえるものをメニューにしましょう。

お客様もうれしいメニューなら自宅サロンでもお客様はきてくださいます。

そしてサロンが長ーく続きますよ♡

error: Content is protected !!