【起業入門編】わからないから・・・ではすまされません

【起業入門編】わからないから・・・ではすまされません

フツーのOLから個人事業主になったときに、やらなくてはいけない事のひとつ・・・

それは、確定申告です。

確定申告とは、1月1日〜12月31日までの所得を合算して税額を計算して、翌年3月15日までに申告し、納税をする事です。

私は商業高校出身なので、日商簿記3級を一応もっています。(商業科なら当たり前なんです)
でもOLの時、簿記を使って仕事をしていたかというと、まったく使わなかったです(笑)営業事務には必要ありませんからね。

確定申告の際、この簿記の知識が必要なんですよね。
費目からはじまり・・・借方・貸方、貸借対照表、損益計算書などなど、聞くとなつかしい文言。
ほぼ忘れてましたが、なんとなーくは知っているので、会計ソフトのおかげで自分でできています。

簿記の事をまったくわからない方は、数字・書類を見ただけで拒否反応かもしれません。
でも、サロン業務で使う費目はほぼ決まっていますし、会計ソフトに入力をすると、勝手に貸借対照表などは集計してくれて表が出来上がっちゃうんですよ。

macbook-336704_640

一度覚えてしまえば、入力作業はむずかしくありません。

ただ、最終的なチェックは、必要かもしれません。私も自分のチェックだけでは自信がないので・・・最終確認は信頼できる方にチェックしてもらいます。
税務署でも相談にのってもらえますし、信頼できる方にチェックしてもらうと安心です。

あと、青色申告と白色申告がありますが、青色申告の方がメリットがいっぱいなのでオススメですよ!(とはいえ、私もそれほど詳しくはありませんが、青色申告の方がいいらしい)

わからないからやらない!ではなくて、個人事業主としてちゃんとわかってスッキリした方がいいですよね。

会計ソフトはいろいろありますが、私のパソコンはMacなので、Macの青色申告を使っています。

起業をしたら、サロンを営業するだけじゃなくて、こういった経理事務も自分でやらなくちゃいけません。右肩上がりに売上が上がっていく〜というイメージで確定申告もさらっとやっちゃいたいものですね。

私もそろそろ確定申告のインプット作業をしなくては・・・