「こんなときどうしたらいいの?」雪の日のサロン事情

「こんなときどうしたらいいの?」雪の日のサロン事情

昨日から寒いな〜と思っていたら・・・
起きてカーテンを開けると真っ白〜!
雪の日の朝ってとっても静かですよね〜。このしーーんとした感じにとても癒されました。

銀世界を見ながらカフェオレをゆっくり飲んでます♡

coffee-cup-768775_640

こうやってのんびりしていられるのは、今日はお休みだから♪
もし、営業日だったら前の日からそわそわして眠れません(笑)

なぜかというとお客様が来られるのか、日にちを変更なのか、サロン自体をお休みにするのか・・・考えなくてはいけない事、確認しなくてはいけない事があるからです。

サロンをされている方は、みなさん思う事ですよね。
予約をしてくださっている日に台風や雪が降ってしまった時のお客様への対応はどうされていますか?

私の場合、予約当日に雪が降る・台風が来る日など、いつもお客様に送る前日の予約確認メールで『当日の朝、状況をみてご連絡いたします』と一言添えておきます。

そして、当日の朝、気象状況をみてお客様にメールか電話でご来店できそうかどうかを必ず確認をします。

台風の場合、名古屋地方は以外と当日大丈夫だったりしますが、雪にはとても弱いです。
年に1度か2度しか積もりませんから・・・サロンの場所も坂の上にあったりしますし、日陰は雪が凍結していたり・・・非常に危険ですよね。

サロンに来ていただくまでに何かあってはいけません。安全を最優先に考えたいので、雪の日は時間変更や日にち変更をできる限りの対応をさせていただいてます。

ありがたいことに、お客様は予約をしているから行かなくては!と無理をしてでも行こうとしてくださいます。

「明日行けるかな?予約してあるけどどうしよう・・・」「キャンセルしたらダメだよな・・・」と、お客様が考える前に、サロン側から「当日状況をみて判断しましょうね〜」「お日にち変更でも大丈夫ですよ〜」とお伝えしておく事は、サロン側としては当然の事と私は思っています。

こんなときどうしようと思ったら、まずはお客様に聞けば良いんです。
「お客様来れるかな〜?」と予約時間まで連絡せずに待っているよりも、来れるかどうかお客様に聞く事で、お客様も私も安心です。

お互いの信頼関係でご予約は成り立ってます。
よりよい信頼関係を保つために、お客様とはちゃんとコミュニケーションをとりたいですよね。

とはいえ、雪はやっぱり困ります〜