【起業入門編】サロンを続けるために必要なジャッジ

【起業入門編】サロンを続けるために必要なジャッジ

OL時代を経てまったく未経験の美容業界へ飛び込み、1年足らずで自宅サロンをオープンし、ただいま9年目のFumicoです。

実は私、アロマテラピーの自宅サロンを2007年3月にオープンしたんです。当時はボディもしていました。このメニューを知る方は、今でもお客様としていらっしゃいます♡(アロマメニューはないのに・・・)

では今のサロンメニューはというと、フェイシャルとアイラッシュのみです。(化粧品販売もしています)

今日のお客様との会話の中で、加湿器のエッセンシャルオイルの話から元々アロマテラピーのサロンだったという事をお話ししてたら、「知らなかった〜」とビックリされて・・・
そのお客様は2008年から通ってくださっているので、1年ほどでアロマメニューはやめてしまったんだな〜ってあらためて思ったのです。

では、なんでアロマはやめてしまったのか?
その答えは、好きではじめたアロマの世界でしたが、私にはむいていなかったんです。

アロマの世界はとってもステキだし、今でも好きです。
ただ、アロマでは、私が求めている結果をもたらす事はできなかった。今思えば、私のやり方や対応力が足りなかっただけかもしれません。ボディの施術は体力的にもムリがありましたし(泣)

olive-oil-968657_640

それよりも高機能化粧品を使ったフェイシャルの方が私にはむいていたんです。
結果が出る、信じられる化粧品「MTメタトロン化粧品」に出会った事も大きかったかもです。

サロンを継続していくには、それが”好き”だけでは続かないんですよね。
好きな事はもちろんなんですが、技術力はあって当たり前、お客様に伝える力がとても重要です。
伝えるためには、圧倒的な説得力も必要になってきます。

今でもアロマは好きですが、仕事にはならなかったな〜と。
起業して、サロンをオープンしてもメニューって変わってもいいんですよ。
サロンをつぶしてしまうより、より良い方法で継続する事の方が大切です。

自分の好きなメニューがなくなれば来なくなってしまうお客様もいらっしゃいますが、違うメニューを続けてくれるお客様もいらっしゃいます。
説得力のある接客ができれば、リピート率にもつながり安定する事ができます。

サロンを継続する事は自分だけのためではなく、お客様のためでもあるんですよね♡
アロマメニューだけで、私はサロンを存続する自信はありませんでした。

でもやってみなくちゃわかりませんよね!やってみてダメなら違う方法を見つければいいので、、、
お客様が少ないうちの早めのジャッジはとても大切ですよ!

ジャッジするかんたんな方法があります。
その方法が知りたい方は、こちらからお問い合わせください!

お伝えできる場所をつくりたいと思いますので、意思表示をしていただけるとうれしいです♡